塔婆の意味は?

お墓には塔婆と言う物があります。

追善供養を行う目的で利用されるもので、

細長い木製の板に手書きで、梵字や経文、戒名と言った事が記載されます。

お墓のうしろなどに立てかけてあるのを見た事がある方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

塔婆は亡くなった人のために立てるもので、

納骨の際に最初の塔婆を立て、法要毎に新たに塔婆を立てます。

お盆・お彼岸の時にも立てる風習も一般的なのではないでしょうか。

しかし何人も眠っているお墓で

法要を行うごとに毎回増やしてゆくと

立てかける場所が無くなっていきそうですし

古いものが劣化してしまいそうですよね。

立ててからずいぶん経ってしまったものは

お寺にお願いしてお炊き上げをしていただきましょう。