文字を赤く塗ったお墓の意味は?

お墓参りに行くと、お墓の側面に

没者のお名前や年齢が記載されているのを見かけますが、

その文字が赤く塗られたものをご覧になったことはないでしょうか。

これは生前に頂いた戒名を赤く記していた生前戒名の名残りで、

例えば夫婦の御主人のみお亡くなりになって

奥様がまだ御存命の場合に、

お墓を立てると将来的に一緒に納骨されることになる奥さまの名前も

その時に一緒にお墓に刻んでおきます。

そのお名前を赤く塗る様になった風習の事です。

つまりまだ生きている人のお名前が分かるように赤字に塗られている訳です。

この場合、奥様がお亡くなりになると白字に塗り替えを行います。

弊社ではこういった白字への塗り替え作業や、

墓石に新しく文字を刻むなど墓石の文字に関するご相談もお受けしております。

有名な詩書家である春流・破留(はる)の文字を、

経験豊かな職人が丁寧に刻み込みます。

お墓の文字に関するご相談も是非弊社「良心石材」にお任せ下さい。