お墓の文字について

日本では、戒名をお墓に刻むという方法もあります。

しかし、ひとつひとつに戒名を刻もうとすると、

文字数が多くなってしまいますので、

文字をすべて刻み込むことのできるスペースが

とりづらいという問題点もあるのです。

そんな理由で、最近は戒名よりも

家名を刻まれる方が増えてきています。

ご家族一緒のものでしたら、〜家之墓という文字をいれて、

戒名をいれなくても、

その人を家族で供養していくことが可能です。

故人の名前はサイドに順番に入れて行き、

一家が同じ場所に入っていくことになります。

一般的なデザインだけではなく、

最近では洋型のデザインも増えてきていますので、

それによって文字を入れることのできるスペースもいろいろです。

時代の変化で、お墓の事情も変わってきているので、

どんな言葉を刻むのかに関しても

お寺の人と相談して決めたり、業者の人にきいてみたりして

柔軟に決めていくといいでしょう。