開眼式ってなに?

開眼式という言葉をご存知でしょうか。
開眼式、またの名を海岸法要と呼ばれています。

今回はこの開眼式についてご紹介します。

墓石を設置しただけでは、
まだほんとうのお墓とは言えないことをご存知でしょうか?

墓石に魂を入れてはじめて、
仏塔となり、故人が案して暮らせる浄土となります。
魂を入れる法要の事を
例えて、仏像に眼を入れることとして、
開眼法要と言われる場合もあるのです。。

お墓を建てた時には、
まだ魂が入っていないお墓に邪気がなるべく入らないよう棹石という石を白い布で巻いて、
開眼法要または建碑式の時に布を取り除きます。
その後、僧侶に法要のお経をあげてもらい、参加した全員が焼香をして、読経が終われば、礼拝して終了です。

お骨がある場合は、同時に、
納骨法要を行うことが一般的となります。

お墓を建立する際に地鎮祭を行うと良いです。

本来は、是非とも行っていただきたいものです。

家の地鎮祭と同じように、
その土地の神様に、
今後、この土地を、我が家のお家(聖地)として、
使わせていただきます
という主旨の挨拶と
工事を無事に完成を祈願するという形で行うものです。
仏式、神式どちらでも地鎮祭は施行できます。
お供え物は海の物や山の物、里の物を用意することが一般的です。

供養を行う際には開眼式や地鎮祭を是非行いましょう。