お墓の改装ってできるの?

お墓の改装という言葉を聞いたことはありませんか?

例えば、故郷ににあるお墓が遠く、
そこに埋葬している遺骨を
別の墓地または、新たに買い求めた墓地へ移し、
埋葬することを意味します。

この際、元の墓石が今後、必要としない場合は、上段部にある竿石だけをしかるべきところへ、
例えば無縁の安置塚などへお祀りを行い、その他の石を処分します。

手順としては、
新しいお墓を探し、契約を行うことからはじまりです。

この際、新しい墓地の場所が決まっていなければ改葬できません。

現在の、お墓を所有している市区町村の役所で
改葬許可申請書の用紙を貰い、埋葬を行われた方の死亡年月日、
死亡時に住んでいた住所や本籍地、埋葬の年月日などが
不明な場合には、戸籍を取り寄せてちきんと調査を行います。
新しいお墓の管理者から、
墓地使用許可証や受入証明書と呼ばれる物の発行を受けとり、
改葬許可申請書を作成します。

ご遺骨が既存のお墓から、新しいお墓に運ぶ手配をするのであれば、
元のお墓の前で、僧侶に読経を行ってもらい、魂抜きを行います。
その後、ご遺骨を取り出します。

墓地使用許可書や受入証明書と一緒に、
改葬許可書を新しく利用するお墓の管理者に提出します。

他には、分骨の改葬は分骨証明書だけを提出します。

遠くのお墓を近場に変えたいと思う人は是非行ってみてはいかがでしょうか。