石材の選び方|お墓・デザイン墓石の専門店、千葉・霊園・墓地の良心石材

石材の選び方

お墓専門の石材店

震度7クラス耐震実験成功

墓石について

石材の選び方

たくさんある石材の中でどのような石を選ぶといいのでしょうか?そのような問いに対して私なりにお答えするページを
作りました(業者さんによって回答が違うと思いますが、私なりに答えさせて頂きます。)
海外と国内の石材だったら勿論国内の御影石の方がいいですよね?

現在、海外産の御影石のシェアは9割にのぼります。
中国は勿論、インド、南アフリカ、スウェーデン、アメリカ、ブラジルなど世界各国の御影石で日本のお墓が作られています。御影石という名前の由来は現在の神戸市にある御影という地名の場所でその昔、澤之井という泉に来訪した当時の有権者(御姿)の影が映ったことを由来にその地区から産出する花崗岩を御影石と呼ぶようになりました。
御影石=花崗岩です。ちなみに御影地区周辺ででる花崗岩は『本御影』と呼ばれています。

花崗岩(御影石)の起源は日本では5000万年から1憶と地球の歴史から見たら最近、大陸のインド、中国などの御影石は10憶から25憶年前にマグマが固まったものが地表にでてきたものです。
なので海外の御影の方が硬い石が多いのです。後述しますが、硬い石は吸水率が低く水を吸わないので風化しずらいです。問いの核心に迫ると、そのような太古の昔に深い深い地下で生成された石で海外よりも国産の石の方が…と国産全体に優位性があるとは思いません。

海外の石材で問題のある石はあると思いますが、そのような石はお墓には使われませんし、業者さんの経験で売りません。勿論、私は日本人に生まれたことを誇りに思っているので日本の地下で生成され、国内の素晴らしい加工業者さんが造った御影石を使いたいです!が、海外産はコスト的に見ても安い上にいい石もたくさんあります。
現代の一部の中国製品の印象が悪めだからかな? 何に重きを置くかはお客様ですので私なりの経験で石を選ぶ際はお客様とお話しています。
石の良い、悪いとはどういうことですか?
大工さんは材木になった木を『生きている』と表現します。
石屋さんの私も言わせて頂くと石も『生きている』です。あんなに硬い石ですが、鉄などと同じで石も目ではわからないくらい僅かな単位で膨張します。膨張の原因の一つは吸水です。そう、あんなに硬い石が水を吸うのです。
価格の高い石
① 吸水率が低い
② 希少価値がある石
③ パーツごとの石の目を均一にするのが難しい石
④ 人件費の高い国の石
価格の安い石
① 吸水率が高い(安い石が全て吸水率が高いわけではありません)
② 希少価値がない
③ 石の目を合わせるのが割と簡単
④ 人件費の安い国の石
それらを踏まえた上で、重複になりますが、色が気に入った、国産だから気に入った、コストパフォーマンスがある、とお客様の優先順位で1番になったのが1番いい石なのです。
車でいうなら最新のBMWよりも、燃費、維持費が安くて、小回りが効く軽自動車がいい、というのと同じです。(この答えに納得いかない方はここまで読んでくれたのにすみません) ですので、判断するにあたって価格帯、吸水率などをご相談してあなた様の1番いい石を私と一緒に選びましょう!

資料請求